ヒルトンがお届けするデスティネーションガイド

DISCOVER WITH HILTON

親子で初体験の味を探しに

美食と海を堪能する福岡の旅へ


何泊すれば制覇できる? 福岡グルメを巡る旅

日本全国どこに行っても、素晴らしいグルメに出合える。それでも福岡は "グルメの街" というにふさわしい。もつ鍋、水炊き、博多ラーメン、鯛茶、明太子・・・、そして実はうどんの発祥は福岡なのだとか。 ああ、福岡グルメの豊富さよ。2泊3日程度ではきっと制覇しきれませんので、できれば旅程はたっぷり確保を。シーサイドにそびえる都会的な街や海沿いの遊歩道を家族でお散歩しながら、どうぞ気の済むまで巡リ尽くして。

移動もスイスイ、博多・天神エリアであの味を

福岡の玄関は新幹線の停車駅でもある博多駅。そして福岡のさりげなくすごいポイントは、福岡空港が市街地にあること。福岡空港から博多までは電車でわずか6分。子どもと一緒だと大変な移動も、福岡ではスイスイっとクリアできます。

新しいもの、古いものが入り交ざる博多と、九州一の繁華街である天神。その間には屋台グルメで有名な中洲が広がり、福岡の名所がぎゅっと凝縮したこのエリアではグルメ三昧な一日を。博多の台所と呼ばれる「柳橋連合市場」で福岡の食文化に触れ、「博多だるま」や「元祖長浜家」で王道の福岡ラーメンを子どもと "ふ~ふ~" しながらほうばり、九州では知らない人はいないアイス「ブラックモンブラン」で締める。旅行中くらい、カロリーオーバーになっても、栄養が偏ってもいいじゃない。美味しい記憶はきっと、子どもだって忘れない。

博多湾の絶景を抱きしめに、シーサイドエリアへ

さて、繁華街で福岡グルメを楽しんだら、シーサイドエリアに向かいましょう。途中にある「大濠公園」では子どもが大好きな貸しボートがあるので、のんびり揺られに寄り道をしてもいいかも。そして「福岡タワー」が見えてきたら海はもうすぐ! 「シーサイドももち海浜公園」は夏は海水浴、春は潮干狩りとファミリーで賑わうエリア。海沿いの遊歩道をお散歩していると、視界にいつも飛び込んでくるのは「福岡タワー」。海辺から見ているだけでなく、ぜひ最上階の展望室へお越しあれ。8000枚のハーフミラーが使用されていて、絶景を望みながら上昇するエレベーターはスリル満点。空と海に包まれながら、少しずつ日常を手放して。

はずせない福岡グルメ、もつ鍋はどこで食べる?

福岡グルメを満喫するためには、回数が限られたディナーを計画的に。ランチに食べられるものは日中に済ませ、夜は夜らしいグルメを楽しみに街へ繰り出そう。代表的なものはそうね、リーズナブル、美味しい、ボリューム満点と三拍子そろったもつ鍋でしょうか。同じもつ鍋でも、醤油、白味噌、辛味噌、塩など味付けによって表情はがらり。子連れにうれしい個室が完備された「一藤 今泉本店」では、味噌味が一番人気とのこと。そしてお店自慢の馬刺しは子どもも夢中になる美味しさ! 普段なら嫌がるものでも、旅行中はさらりと食べてくれる。地元ならではの食材やメニューにも親子で果敢に挑戦を。

子どもも一目惚れしちゃう、ヒルトン福岡シーホーク

すっかり旅行気分にスイッチされているけれど、「ヒルトン福岡シーホーク」に一歩足を踏み入れれば、さらに特別なひとときがスタート。高さ40mの天井から光が降り注ぐアトリウムは子どもさえもうっとりしてしまうほど。全客室が博多湾を望めるオーシャンビューで、「福岡ヤフオク!ドーム」側の客室からは、屋根が解放されたドーム内も覗けちゃう。プールやジャグジー、岩風呂がある大浴場も揃い、大人にとっては贅沢で心地よく、子どもにとってはワクワクの詰まった滞在が叶います。

おすすめホテル

ヒルトン福岡シーホーク

博多湾を望む海沿いに建つ全室オーシャンビューのアーバンリゾートホテル。4名様で滞在可能なファミリールームなど様々なタイプの客室をご用意。福岡の絶景を堪能しながらプライベートな時間が楽しめる天空のバー&ダイニング、スパ、岩風呂など施設も充実しています。

詳細を見る

空室検索・予約

地域

▶︎

ホテル

▶︎





© 2022 ヒルトン